FC2ブログ

タイトル画像

例え、勘違いだとしても

2018.10.23(20:20) 358

10月に入った途端、全国のあちらこちらから桜の便りが聞かれるようになりました。「えっ!?知可子の頭は花の時期が半年ずれているんじゃないか!?」と、お叱りに近いお言葉も一緒に聞こえてきそうですね。

知可子は既に55歳で、脳細胞の働きが鈍くなっているのは仕方がありません。それでも、実際に他の方のブログやテレビ報道で、季節外れの桜が咲いている現場をしっかりと押さえているのです。人間のサクラならまだしも、お花の桜には別に何の罪もないわけですが、季節を勘違いした恥じらいでうっすらと美しいピンクに染まっていましたね。


P1130053.jpg

実は、我が家の庭でも、同じように勘違いした花を約一名ではなく、約一輪見つけました。真夏からずっと咲き続けていたヤマブキがようやく落ち着いたと思ったら、今度はツツジの出番になってしまいました。どちらも通常は4月から5月にかけて咲く春の花なので、予想だにしない時に突然庭に現れるとやはりびっくりしてしまいます。

P1130073.jpg

午後の日差しが南西方向に少しずつ移動するにつれ、ツツジの花まで光が当たり始めました。まるでスポットライトに照らされたような明るさに、ツツジはちょっとだけ傷ついた箇所も気にしないまま、開いた花弁から鮮やかな輝きを放っています。ステージの出番を間違えたにしては、本当に艶やかな表情を浮かべているものです。秋真っ盛りに近い庭の様子も、この一輪の花で趣がだいぶ異なりました。

その日、母から聞いたところによれば、以前からこの花が小さな蕾の時に何となく気が付いていたそうです。そのため、ツツジの剪定は後回しにしていたらしいのです。どこか他にも蕾が付いているのではないかと考えると、枝にハサミを入れるのが躊躇われますし、今しばらくは模様眺めの状態が続くかもしれません。


P1130048.jpg

さて、我が家の玄関前では、自生えのケイトウがまだ色褪せることなく立っています。加齢なら知可子ですが、こちらは華麗な立ち姿を見せていますよ。大型台風の襲来で直前に根元から切るはずだった運命が、いつもと風向きが違うだろうということで命を取り留めました。ケイトウの花は6月から11月までくらいの長期にわたり目を楽しませてくれるので、台風被害がなければ毎年長い付き合いになります。


P1120998.jpg

更に視線を遠くに移して細長い花壇を眺めると、無数に付いた蕾が競い合うみたいにツンと伸びて、支柱に支えられた小菊は菜園を見下ろす格好です。今は小さくて固い蕾も、秋が一層深まると同時にどんどん大きくなり、ポン、ポン、ポンと一斉に弾ける感じで咲き揃います。花壇や菜園の脇で、黄色や白、ピンク、赤といった小菊の花が、賑やかな彩りを見せるのはもうすぐでしょうかね。


それでは、今日はイタリア語で『蕾』を意味する単語をご紹介いたします。音が可愛いらしくて面白いので、 bocciolo (ボッチョーロ) は皆様に楽しみながら覚えて頂けるのではないかと思います。イタリア語では cio の並びは チョ の音を表し、その直前に同じ子音の c が重なっているため、 促音の ッ が前に来る形になりますよ。上記の長音記号で示した通り、 チョ の部分を強めて伸ばし気味にするとイタリア語らしく響きます。この男性名詞を複数形にする場合は、いつものごとく語尾の o  i に変えて、 boccioli (ボッチョーリ) で「はい、出来上がり!」となりました。毎日おいで頂いているご訪問者様にとっては、もう恒例のパターンです。それと違う意味の高齢なら、この知可子ですかね。誰にとっても、「が花開いた姿が若さの頂点にのぼっちょーろ」と言うのであれば、今の知可子は他の方と同様に人間味と知恵を代わりに授けられています。「嘘だい!知可子は人生の勉強をサボっちょーろ?」「あっら、見てたのねー♫」


P1130100.jpg

お天道様が常に上から見ていてくれるから、知可子は外国語の勉強だけは絶対に怠りません。一人会話でボケとツッコミを両方担当しながら、鈍い頭をポンポンと叩きながらの毎日です。しかしながら、人生はどの時点においても学びの季節真っ只中で、時期外れということはないのですね。黄色味を失ったウキツリボクの花が青い空に浮かんでいるのをじっと眺めたら、モヤモヤが吹き飛んで何とも爽やかな気持ちになりました。


クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




22種類の野菜を260g使用『ミリオンの国産緑黄色野菜ジュース』




垂直からフラットまで14段階リクライニングできる座椅子

スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<衣替えをしたくてもすぐにできなかった切ない裏事情 | ホームへ | 燃料費高騰という荒波を受けての悲しい決断>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する