FC2ブログ

タイトル画像

知可子の前世はナマズだったのかもしれない

2018.09.07(06:57) 325

9月4日上陸の台風21号で近畿圏を中心に被害が出たばかりだというのに、今度は6日の午前3時過ぎに北海道で震度7を記録する大地震が起きてしまいました。何よりも先ず、被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞いを申し上げます。

かつて住んだ土地の後にすぐ、知可子憧れの北国が災害に見舞われ、昨日は一日中気分が落ち込みました。悲しくて、悲しくて、ブログを更新する気分にもならなかったのですが、やはり書きとめておきたいことがあるので、意を決してパソコンを開きました。今、こうしてキーボードに指を走らせている最中に、被災地では余震が続いているかもしれないと考えるといたたまれなくなります。

自分自身も、熊本・大分地震で止まらない余震の恐怖に怯えていた記憶がはっきりと蘇って来ます。特に夜から早朝までの暗い時間は不安が増幅して、なかなか眠りに就くことができませんでした。北海道ではごく限られた一部の地域で停電が解消されただけで、全面復旧まで一週間掛かるとの見方もあり、多くの方々が実に心細く不便な状況下にいらっしゃると聞きます。暗闇の中で過ごす時間は、さぞかし長く、そして辛く感じられるでしょう。電気の供給が一日も早く再開されるようにと、心から願いたいですね。

a1180_009644.jpg


ところで、知可子は昨日、ブログをお休みしました。その間に調べていたのは、地震の前兆現象の有無と地震情報についてでした。4日からずっとテレビ画面や地面が何だか大きく揺れる気がしたので、見過ごすわけにはいかなかったのです。前回の記事を5日に投稿する時には、地震が起きると電気のブレーカーが自動で落ちるという商品広告を載せました。そして、昨日地震が起こる2時間ほど前には、右側の広告を全て取り替えたのですが、そのひとつがウォーターサーバーです。危険が近づいていることを、それとなくお知らせできたらと思いました。

二日間にわたって見た地震雲掲示板は、台風21号の影響で報告がほとんど寄せられていませんでした。ただ、二日目に確認した際、「地震雲、ノイズ、動物の異常、家電の異常、その他」という項目が、判読不能な文字になっていたのです。知可子の目にそう見えたのか、或いは、ページ自体が不具合を起こしていたのかは不明です。自分の思い過ごしかもと感じながら、Yahoo!地震情報で大きな地震が発生していないことに安心して未明に床に就きました。

朝になり、テレビを点ける間もないまま母の用事で一緒に外出した後、今回の地震を知って愕然とします。でも、東日本大震災や熊本・大分地震、この前の大阪地震など、現実となって起こる以前に不思議な経験や感覚を味わってきました。知可子は別に特殊能力などない、どこにでもいる平凡なおばさんです。本来、人間が普通に持っている危険を察知する力が働いた結果、こうしたことが起こるのかもしれないです。「明日は何があるかわからない」とよく言いますが、誰しも何かを予感として抱いたりするのは決して珍しいことではありません。

a1370_000223.jpg


さて、今回は中国語で『明日』を意味する単語を覚えましょう。漢字としては全く説明のいらない 明天 (ミンティエン) ですので、発音だけに注意を向けたら良いですね。中国語をローマ字化したピンイン表記だと、 míngtiān  になりますよ。上に付いている声調符号は、先ず最初の右上がりのものが低いところから一気に上げる第2声という音調、2番目の横に真っ直ぐなものは高めの音のまま平らにのばす第1声の音調を示しています。カタカナ表記では ン が2箇所あるものの、中国語の発音はそれぞれ違いますよ。最初の ng と綴る方は、舌の奥を盛り上げるようにして舌先はどこにも付けず、鼻から息を出して発音します。それから、最後の n は、上前歯の付け根辺りの歯茎に舌先をあて、 ン(ヌ) と見えない ヌ がかすかにありそうな感じで発音します。また、 ィエン が ィアン にならないようお気を付け下さいね。災害からの復興は大変でも、明日を信じながら、「やっぱり日本人も大したこくみんてぃえんだい!」となるように頑張りましょう。


国が発表している通り、いつの日か南海トラフという広域大災害などが起こる恐れは否定できません。ひょっとしたら、一週間以上にわたり食料や水の配給がない場合もあり得るのです。国が自分に何をしてくれるかではなく、自分が自分のために、そして周囲の人のために何ができるかを考えるべき時が来ているとも言えますね。大地震が頻発する現在の状況からして、既に異常な連鎖は始まっています。スーパーやホームセンターで必需品を購入して、非常事態に備えるだけでも心持ちが違いますよね。


知可子は、自分の前世はナマズだったのではと思うことがあります。それはさておき、この世で日本に生まれ育ち、暮らして気が付くのが、日本人は災害の極限状態におかれても、略奪や暴動を起こさずに理性的な集団としての個を守るという高潔さです。万が一、国難と呼ばれる事態に直面してさえ、日本人なら最後には見事な復興を遂げるのではないでしょうか。ただし、それを証明する出来事は、絶対に起こって欲しくないですね。


クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<経済が上向く魔法の言葉 | ホームへ | 招かれざる危険な訪問者>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する