FC2ブログ

タイトル画像

招かれざる危険な訪問者

2018.09.05(06:17) 324

台風21号は4日、近畿圏を中心とした各地で猛威を振るいました。記録的な暴風や高潮のニュースを拝見して、改めて自然災害の恐ろしさを胸に刻む日となりました。この度、被害に遭われた方々にはお見舞いを申し上げます。

その前日、迫り来る台風の話を家族としていた時に、京都嵐山の渡月橋のことが特に心配で仕方がありませんでした。ここ最近、豪雨災害でしばしばテレビ画面に映る橋の様子を目にしていたため、ずっと頭の中から離れないままでした。

今回、2001年に改修されたヒノキ造りの欄干が100メートル近くにわたって倒れたと知り、京都に住んでいた際に大分から友人が訪ねて来ると必ず歩いた渡月橋の眺めが、うっすらと涙にぼやけるようでした。国内外から多くの観光客を迎える紅葉シーズンを前にして、実に悲しい出来事ですね。他の方々の思い出同様、知可子の思い出が詰まった橋が、早く元通りになればと考えています。


それでは、9月2日に行われた水道検針の結果をここで簡単に書いておくことにしましょう。期間は8月3日からの30日間、使用水量は23㎥で合計金額は7,310円です。9月分の内訳は、水道料金が3,440円に下水道使用料が3,870円となっています。一日当たりに換算すると、使用量は0.766㎥で、金額は243.66円です。

前年同月は、31日間の期間中に使用量が22㎥、合計金額が6,970円でした。一日当たりでは、0.709㎥の使用量で224.83円です。今年と比較すれば、ほんのちょっぴり控えめな数字が出ましたが、いずれも猛暑の夏に変わりはありません。このような異常とも言える暑さが、実は災害なのだと悟った今年、熱を蓄えた庭のコンクリートに水を撒く罪悪感が些か薄れました。命や健康を基本においた家計であることが一番望ましいのだと、今は思えますからね。


P1120112.jpg

今日の日中はまた夏に逆戻りの35℃予想で、涼しさに慣れた身体には堪えるかもしれません。8月から知可子ブログでお騒がせのヤマブキは、あれからまた数は減ったにせよ、依然としてちらほらと枝の先で咲き続けています。かなり高いところを走る電線と秋空を背景にして、最も撮りやすい位置にあったものを写真用に選びました。本来なら春咲く花が36℃、37℃の真夏に顔を出し、秋になってもまだ落ち着きそうにないという現象に、未だ或る種の不可解さを感じています。花自体は、とても美しいのですけれどね。


さて、今日はノルウェー語で『身体』を意味する単語をご紹介しましょうか。特殊な文字が入っていないため、 kropp (クロップ) は割と素直に覚えられますね。舌先を振動させて発音する r は、気を付けたいところです。ノルウェー語の名詞には、男性名詞、女性名詞、中性名詞とあり、今回の単語は男性名詞です。複数形の基本として、一音節の中性名詞は無変化で、それ以外は 語幹+er という変化になります。実際に er を付けて複数形を作ると、 kropper (クロッペル) ですね。ただし、いずれも不特定のものを表す未知形を使用していますよ。ちなみに、スウェーデン語でも kropp は同じ「身体」の意味ですが、英語で「作物」や「収穫高」などを表す crop と北欧スカンジナビアの言葉を混同しないようになさって下さい。猛暑で疲れた身体をいたわるために、また抹茶ミルクをつくろっプリンもついでに少しだけ頂こうかな。それにしても、ヤマブキはどうやっていたわったら良いのだろう?


P1120119.jpg

黄色いヤマブキが咲く庭の向こうでは、栗の実を包む無数の青いイガが大きく膨らんできた様子が窺えます。収穫の季節は、ゆっくりと、そして確実に近づいているに違いありません。これから気温もだんだんと下がっていき、秋が深まっていくことが予想されますね。台風という招かれざる危険な訪問者が来ない実りの季節を、是非とも想像したいものです。


クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




3,000円で家族の命を守ります。【スイッチ断ボール】





月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


公共料金 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<知可子の前世はナマズだったのかもしれない | ホームへ | 心構えで不測の事態を避ける>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する