FC2ブログ

タイトル画像

心構えで不測の事態を避ける

2018.09.04(02:52) 323

台風21号に関するニュースが、昨日からずっと報道され続けています。「非常に強い」勢力を保ったまま上陸すれば、1993年(平成5年)の台風13号以来25年ぶりになるということで、進路に当たる各地の警戒感は早くから高まっています。

今現在の情報によると、台風は九州の南東の海上を北上していて、4日の日中には勢力を維持したまま四国から紀伊半島にかなり接近し、上陸する恐れがあるそうです。知可子の住む大分県では、3日の午後9時過ぎに、南部に位置する佐伯市で暴風警報が出されました。4日明け方から昼前まで、南部沿岸海域は特に影響を受けるらしいですね。


P1120081.jpg

週が明けたばかりの月曜日。こちらでは灰色の雲が多かったものの、最高気温が31℃を少し超えるくらいで日照時間は7時間半でした。普通の秋口に見るようなお天気だっただけに、猛威を振るう台風が南から近づいている印象はあまりなかったですね。ただ、空を流れる雲にいつもより動きが感じられました。木々や建物を基準として空を眺めると、それがはっきりとわかりました。

P1120091.jpg


日付が変わって午前零時台には、外の雨音が激しく響くようになりました。風はそれほど吹いていませんが、時折、空の上の方で何かが「ゴォーッ!」と鳴る音が微かに聞こえます。今回の台風は九州に少し距離を置きながら、四国や近畿方向へと進んでいるため、こちらでは直接的な被害はないかもしれません。しかしながら、これから大きな影響が及ぶだろう地域にお住まいの方々のご心情を考えると、知可子は胸が痛んでなりません。


物心がついた時から、九州人として台風にはある程度敏感でした。ちょうど秋を迎えて間もない時期に、極めて勢力の強い台風が日本にやって来ることは、今までの例からも予想がつきました。25年前の台風13号は、9月3日の夕方早くに鹿児島県の薩摩半島南部に上陸したのです。その時の勢力は、中心気圧930hPaに最大風速50m/sで、伊勢湾台風にほぼ匹敵するような猛威だったと言われています。


様々な台風を経験して知可子が身に付けたのは、風雨災害に対しての心構えを事前にしっかり持つということです。懐中電灯やラジオ、非常食の用意、鉢植えの移動などは当然ながら、停電に備えて冷蔵庫の中身を徐々に減らしていく、突風でドアに指や手を挟まれないように細心の注意を払う、台風後でもしばらくは頭上に気を配るといった学びで得た知識は、数え上げればキリがありません。心構えのおかげで不測の事態が避けられたということも、実際のところ、本当に体験しました。


知可子が今まで自分の目で見た台風被害の中で最も忘れられないのは、道路に沿って一列に並んでいた何本もの電柱が一斉に大きく斜めに傾き、その間に電線がぶらりと波打っている光景でした。向こうに真っ直ぐ立っている木々がなかったら、自分の視覚がおかしいのではないかと疑うほどの角度です。自分の瞳に焼き付いた異様な景色に、自然が巻き起こす凄まじい力を知りました。


それでは、今日はイタリア語で『風』を覚えましょう。以前、スペイン語で扱った「風」は viento (ビエント) でしたが、イタリア語は vento (ヴェント) と1文字少ない綴りです。でも、ここで気を付けたいのが、語頭に来ている v の発音です。スペイン語の v  b と同じ バ行 で日本人にとっては易しい一方、イタリア語の v は英語のように上の前歯で下唇を軽く噛む音ですので、出だしの部分は注意が必要です。イタリア語らしく、1音節ずつはっきり発音するのも大事ですね。今回の男性名詞を単数形から複数形にするには、いつものように o  i に変えて venti (ヴェンティ) とするだけで大丈夫です。手作りのおヴェントーを持って出かけられるような、優しい秋が吹く日に早く戻りますように!


P1120097.jpg

昨日3日の午後6時20分に撮影したのは、灰色の雲に交じって、ところどころに輝いていた美しい夕焼け雲でした。そのうちすぐに、夕空を染めた赤みは消えていき、うっすらとしたベールがゆっくりと下りて、いつの間にか夜を迎えました。「どうかその先の一日が、涙も後悔もない時間で満たされますように」と、知可子は言葉に力を込めながら天を見上げました。台風21号の進路に当たる地域にお住いの皆様のご無事を、心からお祈り申し上げます。


クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




家族を守る。TSSP.jp




クルマSNSで話題のヘッドライト
スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<招かれざる危険な訪問者 | ホームへ | 3ヶ月以上待ち望んだ日を迎えて>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する