FC2ブログ

タイトル画像

誰もが知る二股の原因

2018.09.02(02:22) 321

嬉しいことに、9月は予報通りの雨で始まりました。大分地方気象台によると、秋雨前線により県内全域で雨となったのは今季初めてだそうです。1日(土)は最高気温が27℃台と、これまでとは打って変わってエアコンいらずの一日でした。ともすると、少しばかり寒ささえ感じたりする時もあり、月が替わったと同時に小さな秋が始まった気がしました。


前回、触れた取水制限地域では、「久し振りの恵みの雨でありがたい。家庭菜園の野菜も助かる」という声が聞かれました。本当に、その通りですよ。知可子の家も、炎天下の野菜栽培には苦労しましたからね。まとまった雨量になって、自宅前の家庭菜園は瑞々しさを一気に取り戻したようです。


P1120004.jpg

ところで、今年の夏の暑さと直接関係はないでしょうが、知可子宅の菜園では二股ナスが採れました。画像を逆さまにすると何となく落ち着かないので、写真を回転させないまま載せています。一本一本を見れば他と同じナスに見えても、ヘタの部分を共有しているとなるとかなり珍しいですよね。実際、新潟県の二股ナスの写真が、昨年7月に毎日新聞の記事で取り上げられています。

P1120012.jpg

ちょっと失礼して、知可子宅の二股ナスの内側を覗かせてもらいました。受粉過程のどこでどうなったのか、やはり付け根がしっかりとくっ付いています。栄養が片方に少しだけ偏った印象があるものの、両方とも実が詰まった美味しそうなナスに成長しています。二股という以外、別に問題はないように思われます。

ちょうど今、生理障害果の原因を調べてみたら、「低温、多肥、多灌水などが重なり、花芽が栄養過剰になると発生します」と書かれていました。何と信じられないことに、低温が挙げられています。クーラー育ちでもない限り、この暑さからしてそれは絶対にあり得ません。多肥、多灌水の点においては、ちゃんと肥料を与え、乾いた土壌に水を掛けて御世話した経緯があるため、可能性として考えられるかもしれないですね。

人間の二股と言えば、つい眉をひそめてしまいますが、ナスの二股はずっと眺めていると微笑ましくなってきます。食べるのがもったいないと感じながらも、猛暑の中で立派に育ってくれた野菜だから、食材として使うことが一番良い気もしますね。さて、それで二股ナスの運命がどうなったかについて...ジャ、ジャーン!?あれれ?知可子は、最後の段落前まで引っ張るつもりみたいですよ。


それでは、今日はフランス語で『ナス』を意味する単語をご紹介いたしましょう。今回は長めの単語のため、 aubergine (オベルジーヌ) をゆっくり覚えてみて下さいね。先ず、 au の オ は唇を丸く突き出して発音します。日本語の オ よりも緊張した音になっているはずです。フランス語の r は、水なしうがいのように喉の奥で空気が摩擦する音でしたね。そして、 gi は ギ ではなく ジ で、舌の先を上歯茎の後ろに近づけ、唇を丸めて前に突き出す感じです。この時、日本語と違って舌は歯茎に触れません。ちなみに、この単語は語末が e の女性名詞です。今回も、複数形は s を付けるだけで、発音自体は単数形と変わりません。また、「なす紺色の」や「紫色の」を表す形容詞としても使えます。実は、名詞として英語にも入っている単語ですので、英辞書にも記載されています。知可子はウェディングベルを鳴らす予定でも、おおベルじーぬし様の土地と懐には興味がなく、秋ナスも好きなだけ食べられる身です。「ゴーン、ゴーン!」と、響くはお寺の鐘ばかり。


P1120052.jpg

ご覧の通り、二股ナスは他の仲間と一緒にお漬物に変わりました。人間の二股は頂けませんが、ナスの方はとても美味しく頂けますよ。原因が何であれ、自然の恵みを存分に受けたナスだということに全く変わりはありません。最後に、人間の二股の原因ですか?それはもう、わかりきっているでしょう!


クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




安心・安全な国産プーアール茶




価格・安心感・オシャレ度◎のメンズ通販Dcollection
スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<3ヶ月以上待ち望んだ日を迎えて | ホームへ | 知可子が暴れたわけではありません>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する