FC2ブログ

タイトル画像

激しい雨音が聞こえる夜更けに

2018.07.07(07:00) 284

台風が過ぎたばかりだというのに、6日は九州、中国、近畿などが記録的大雨に襲われました。日付が変わった7日の午前1時現在では、1府7県で大雨特別警報が発令されているとのことです。暗くて周囲の状況がわかりづらい時間帯とあって、これらの地域にお住まいの方々はさぞかしご心配が募っていらっしゃると思います。

知可子の暮らす市では、6日の夜辺りから徐々に激しい降り方になってきました。7日夕方までの24時間に、大分県は250ミリから300ミリの雨が予想されているそうです。とりわけ、7日の明け方から朝にかけて猛烈な雨に見舞われるおそれがあり、災害に十分に警戒するようにとの呼びかけが出ています。

身がすくむほどの豪雨で自宅に被害が出た昨年とは異なり、昨日からの雨の影響は今のところ、私の市ではあまり感じられません。でも、ほんの数時間後には様子が一変するやもしれず、こちら大分でも普段とは違う夜を過ごしています。つい今しがたも、最新の情報を得ようと再びテレビを点けました。

P1100945.jpg

ところで、昨日の荒れたお天気の中、庭には少しだけ心が和む光景がありました。3日の台風7号でなぎ倒され、その後に支柱を立てて真っ直ぐにしたカサブランカに、既に3つの花が咲いていました。そのうち正反対の方向へ開いた2つは、強風に吹きさらされてもなお、見事な大輪の花を梅雨空の下に咲かせていました。残る一つは、小さいなりに一生懸命上を向いています。

P1100953.jpg

最初の写真で隠れていた部分には、だいぶ大きく膨らんだ蕾が付いています。7日早朝の大雨が気掛かりだから、この花が開く前に茎を切ろうかと考えたのですが、まだ一番上の蕾が青くてとても小さいため、そのままにしておくことにしました。なるべくなら、自然の中で咲いているのが、花にとっては最も幸せなのかもしれないですものね。

P1100962.jpg

いつもは忙しくてゆっくり見ることもないファッションカタログを、昨日の午後は紅茶を片手にページを一枚一枚、丁寧にめくって読みました。心の余裕というよりも、各地の悪天候が映し出される画面に気持ちが落ち着かず、ふと休憩したくなってしまったのです。

昨年の豪雨でこの目が捉えたのは、空全体に広がる大滝から何千本何万本と射られた雨の矢でした。あの時の恐怖がじわりと押し寄せた時、知可子はすぐさまカタログの袋を開け、自分の思考を他へとそらせたのでした。意識的に気持ちを整えることで、人は冷静さを取り戻すのでしょう。紅茶を飲み干す頃には、静かな時間が流れ始めました。

さて、それでは今日はスペイン語で『千』や『1000』という数を表す単語をご紹介しましょう。3文字のとても単純な mil (ミル) だから、この場であっという間に記憶できます。同じ意味のやけに長い英単語よりも、はるかに覚えやすいですよね。例えば、「2000」という場合だったら、「2」を意味する dos (ドス) を前に付けて、 dos mil (ドス ミル) とするだけです。ただし、「何千もの~」と表す時は、複数形の miles (ミレス) と、「の」を表わす de (デ) を使って、  miles de ~ (ミレス デ) になります。という字を栓に置き換えて、大雨が降らないように空に栓をしたいと考えてみる知可子です。

異常気象が半ば異常でなくなってしまった今の時代、いつどこで危険と隣り合わせになるかわかりません。ありふれた日常の生活を大切に生きて行きたいと、こんなときこそ真剣に願うものです。激しい雨音を聞けば聞くほど、その思いは強くなっていきます。

クリックに感謝いたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



<br /><a href=年2回程度のアンケートに答えるだけの疫学モニター募集




iPhone・iPad専門宅配買取【iPhone55】

スポンサーサイト


1,2,3!幸せ語呂合わせやりくり言の葉手帖


日記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<からりと晴れた夏空を手に入れたい | ホームへ | 大分県人がお勧めする人気商品「つぶらなカボス」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する